驚異のスペインGP:OZが表彰台を独占

驚異のスペインGP:OZが表彰台を独占

驚異のスペイングランプリでマックス・フェルスタッペンがチームへの最初のデビューでフォーミュラ1最年少のレース勝利者となりました。18歳と227日の若さのこのオランダのティーンエージャーはカタロニア・サーキットの他のすべてのレーサーをゴールフラグまで打ち負かしました。フェラーリは2番手と3番手でスペインを後にしました。わくわくするレースの後、ライコネンは勝利者マックス・フェルスタッペンのわずか1/6秒後にゴールインしました。ベッテルがすぐそこに続いたため、スクーデリアは得点に33ポイントを加えました。

スクーデリア・フェラーリとレッドブルレーシングチームのレーサーはイタリア製OZレーシングホイールを使用してレースに臨みました。このホイールは最高の性能を可能とすると同時に軽量性、強度、記録的な構造的剛性を保証します。