オーストリアでOZの2人が表彰台へ

オーストリアでOZの2人が表彰台へ

マックス・フェルスタッペンはレッドブルのホームレースであるオーストリアグランプリで彼の第2の経歴を飾る表彰台へのゴールを勝ち取りました。最後のラップのメルセデス同士の衝突でニコ・ロズベルグがダニエル・リチャルドを追い越し4番手となった後、彼はここで1位のルイス・ハミルトンに続く素晴らしい2位となりました。キミ・ライコネンは衝突をすり抜け、シュピールベルクサーキットの現在のオーストリアグランプリで3位入賞となりました。フィンランド人のライコネンは順位を上げるために奮闘し最終ステージでは2位のマックス・フェルスタッペンに迫りました。

スクーデリア・フェラーリとレッドブルレーシングチームのレーサーはイタリア製OZレーシングホイールを使用してレースに臨みました。このホイールは最高の性能を可能とすると同時に軽量性、強度、記録的な構造的剛性を保証します。